東京都町田市の阿波おどりグループ「南粋連」のホームページです。あなたも踊る阿呆になって私たちと一緒に楽しみませんか!?

ごあいさつ

連長

はじめまして。連長の若見幸太朗と申します。
私のLifeworkは阿波おどりと和太鼓です。
実は、南粋連は連を立ち上げたくて作った連ではありません。
私はそれまで、相模原市の某連に所属して踊っていました。
ところが、2009年の8月、栃木県のある大きなお祭りで和太鼓を演奏している最中、娘や大勢の見物人の前で突然「くも膜下出血」で倒れ、そのまま病院へ救急搬送されました。
9時間半におよぶ手術の末、幸いにも一命をとりとめ、リハビリをすることもなく2ヶ月後には無事退院することができました。まさに奇跡です。
しかし、それが原因で、所属していた連を辞めなければならなくなりました。
その連をすごく気に入っていただけにショックでした。
他の連の門をたたく気にもなれず、もう一生阿波おどりはできないのか・・・と途方に暮れました。
体は元気でなんともないのに、連で踊れないという悲しさ。
「まぁこれも運命」と自分を納得させ、諦めざるを得ませんでした。
そんな折り、その年の年末に行った太鼓仲間との忘年会の席上で、なぜか阿波おどりの話題になり、阿波おどりをやってみたい!と話が盛り上がり、なんとその場の勢いで連を立ち上げることになりました。(笑)
「これもまた運命」と思いましたが、阿波経験者は私一人だけ。
中には、阿波おどりを一度も見たことがないという人もいました。
まぁなんとかなるか・・・と思ってスタートしましたが、結局なんともなりませんでした。(笑)
結成当初15名ほどいた賛同者も、何回か練習を重ねるうちに、いつの間にか1人抜け、2人抜け、3人抜け・・・ついにはたった2名だけになりました。
未経験者ばかりが集まって連を立ち上げても、やはり阿波おどりはそんなに甘いものではない!ということを痛感しました。
それから2年半、いろいろと紆余曲折がありましたが、ようやく連の形が整いました。
まだまだ人数も少ないし、踊りも鳴り物もまだまだ未熟ですが、なんとか阿波おどり大会へ出場できるかな・・・というところまで漕ぎ着けました。
そして、連結成3年目の2012年の夏、以前私が所属していた連の地元『東林間阿波踊り』に出場することができました。
連を立ち上げ、かつて踊っていた地でまた踊ることができ、感無量でした。
諦めずに連を続けていて本当に良かったと思います。
この気持ちを忘れず、今後もますます頑張っていきたいと思います。

ページの上部へ